PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

念願のWiltonのケーキデコレーション受講を始めました~♪

*・毎回とってもためになります!

渡米後からずーっと気になっていたWiltonのケーキデコレーションのクラス。
何度もチラシを手にとっては思案し続けて気が付けば数年も過ぎてたー
でも、やっと、やっとぉ~重い腰を上げて習いに行くことにしました!

ケーキデコレイト

しかし・・・
今のクラス、生徒が私だけでまたもや先生とマンツーマン状態・・・
しかも先生が黒人なのでめっちゃ早口。
時々先生の言っていることを見失いながら四苦八苦中でございます~~

にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村


1回目はケーキデコレイトでメインに使うバタークリームの作り方などを習って
実技ではサクッとカップケーキにデコレイトでした。

バラ

2回目はホールケーキにデコレイト。

本日はケーキ

ホールケーキを切るところから始めて器具の扱い方に
おお!っていうような小技も習いつつ見本通りにケーキをデコレイト。

おえぇ~

うーむ・・・
日本人的には絶対食べるの無理だな・・・

カップケーキ

先生のレイチェルお勧めの絞り器。
確かにこれめっちゃ便利だったわー。
クーポンを駆使して買うべしだね。

便利でした

クラスの度にデコレート用のバタークリームはもちろん
土台になるカップケーキやホールケーキを
焼かないといけないのがちょっと手間なんですけど
今まで自己流だったケーキのデコレーションを基礎から学べるので
本当に楽しくてたまりませんわ~~
バタークリーム恐るべし・・・

本日もご訪問ありがとうございます♪
応援の1クリックをお願いしま~す!

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ


にほんブログ村
アンティーク雑貨ランキング

今日もありがとうございま~す(;´Д`)

日々の速報はこちらから~♪
komomocatをフォローしましょう
関連記事

| カード・手仕事 | 11:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

バタークリームの作り方、そしてカップケーキのデコレーション!!習えるって素敵ですね!
実はかなり前に私Wiltonのデコレーション(口金)セットを夫にもらったのですよ。(なぜか)
でも猫に小判でケーキデコレーションなど絶対しない・・・・とケースを別の入れものにすべく中の物をみんな出して、ケースのシールも剥いでしまい今ではクリスマスのオーナメント入れになっています。
整然と美しく並んでいた口金、一応全部ありますがもうセットされていた中のケースはありません。(T_T)
少し経ってから「しまった!!」なんておもったんですけどね。
ももさんの今日のブログをみてを思い出した次第です。
でも教則本も一緒にあるので独学でやってやれない事もないのでしょうが。ちょっと取り返しのつかない残念な思い出です。(笑)

| らめ | 2015/03/21 17:16 | URL |

楽しそーー、こういうのやってみたいと思いつつ、10年ぐらいみおくってます。カップケーキがむちゃむちゃかわいいですね。
マジパンのもおもしろそうですが、絞りでここまで表現できるのいいなー。え、色ですか?私は余裕で食べられます。

| Ai | 2015/03/22 01:45 | URL |

Re: タイトルなし

>らめさん

Wiltonのデコレーション(口金)セットをプレゼントされるとは
なんて素敵なご主人様なんでしょうか!
でもどうして口金?ってちょっと不思議ですね。
我が家の旦那さんならケーキを作って食べさせてね♪って
単純に理由がわかりますが(笑
確かに、たくさんある口金の専用ケースは
あればとての便利だと思います。
実際こちらでもケースだけでも売られていますからねぇ。
私はまだ持っていないのでいずれは買わないといけないかなって
思ってます。
Wiltonのデコレーション、実は日本でも最近は習えるみたいです。
講習代がこちらに比べるとちょっと高いですが・・・
でも日本は材料費から教材費も全部込みなので
そんなにびっくりする価格でもないようです。
なんと言っても日本語で受けられるのが一番ですよ~(TT

| もも | 2015/03/22 22:34 | URL |

Re: タイトルなし

>Aiさん

そうなんですよ~。
私もクラスのパンフレットを眺めて数年過ぎました(笑
Aiさんなら語学に困らないしきっとさくっと受講できますよ!
まだまだいろんな物を作っていくようなので
Aiさんの興味が湧くようにまた記事にしていきますねー(^^

カラーリングっていうかバタークリームの製造過程で
私的にちょっと無理でした・・・(TT

| もも | 2015/03/22 22:38 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kawazu2008usa.blog64.fc2.com/tb.php/1641-95d6a580

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT